2016/03/01

音楽理論まとめ 第1回 「音楽全体の概要」

音楽理論について簡単にまとめています。ご利用ください。


tOmozo日誌▼スポンサーリンク



【音の3種類】「音」についての大きい分類
①純音:ラジオ時報、音叉
②楽音:音高のある楽器・声[音楽的な音]
③噪音:打楽器、打鍵音
【楽音の3要素】だいたいの楽器が出す「楽音」に含まれる要素
①高さ:Hz(ヘルツ)で表す
②強さ:dB(デジベル)で表す
③音質:音色


【音楽との関わり方】
音楽行為に関しては現代では一般的に「作曲・演奏・鑑賞」が基本として考えられている。(wikipedia)
シンガーソングライターは「作曲」「演奏」を二つ担っていることになりますね。
クラシック界では分業が基本で作曲家・演奏家が独立して存在します。


【再現芸術】
音楽は録音された音楽はいつも同じ音楽を再現するが、生演奏は同じ演奏者であっても同じ音楽が100%再現されることはない。これが他の芸術と大きく異なる点。(wikipedia) 
構築する作曲の行為は美術分野と似ていてます。即興での作曲は「再現芸術」です。


【生演奏/再生音楽】
音楽は生演奏だけでなく、記録・再生された「レコード音楽」あるいは「再生音楽」を楽しむことができる。(wikipedia) 
レコード、カセットテープ、CD、MD、youtubeなどで聴くものが再生音楽。
カセットの伸び伸びな音もイイんですけどね。


【音楽の3要素】
いわゆる西洋音楽の世界では、一般に音楽はリズム、メロディー、ハーモニーの三要素からなると考えられている。(wikipedia)
バンドで言うとリズム担当はドラム、メロディー担当はボーカル、ハーモニーはベースとギターなどが鳴らすコード(和音)にあたる。


【音楽の3要素】
いわゆる西洋音楽の世界では、一般に音楽はリズム、メロディー、ハーモニーの三要素からなると考えられている。(wikipedia)
バンドで言うとリズム担当はドラム、メロディー担当はボーカル、ハーモニーはベースとギターなどが鳴らすコード(和音)にあたる。

0 件のコメント:

コメントを投稿